Borneo Rainforest(SARAWAK)
line decor
  HOME  ::  
line decor
   
 

 

エコプロダクツ2009「未来のために1本の木を」キャンペーン

「エコプロダクツ2009年の森」

及び

「未来のために1本の木を」第2回キャンペーン

サバル森林保護地区

 

ご 報 告

2009年12月10〜12日に開催されました「エコプロダクツ2009」の当団体のブースにて、ご購入いただきました「オランウータンのぬいぐるみ」や「ポストカード」の売上金にて、2010年3月13日〜3月22日の期間で植林を致しました。「オランウータンのぬいぐるみ」79個販売(395本の植林)と絵葉書4セット販売(4本の植林)、「エコプロダクツ2009」事前登録者抽選会用賞品10個(50本の植林)で、「エコプロダクツの森2009の森」計450本の植林(約1.1ha)、及び、「未来のために1本の木を」第2回キャンペーン28口分(280本-約0.7ha)の植林が、サバル森林保護地区にて行われました。昨年に比べ、多少なりともご参加者が増え、大変感謝を致しております。皆様のご協力が、ボルネオ島の森の復活へ、一歩一歩進んでおります。

★準備風景

今年は、例年より、雨期が長引き、2月には雨期が終了している事を見越して、3月に植林を予定したのですが、それでも、数日間の大雨が作業を遅らせてしまいました。今回も、サバル地域近辺のイバン族の先住民族の方々10名。サラワク州森林局の植林部のジョナトンさんが指導にあたりました。

雨期明けは、いつもそうですが、草が覆い茂り、まずは,下草刈りで、2日ほど掛かります。

ライン作成の準備の前に、とにかく、下草刈りの作業に手間が掛かりました。

ライン作成の準備が出来る位まで草刈がすむと、順次、5m間隔毎に目印をつけていきます。5mx5mに1本ですので、1haは、100mx100mですから、20本x20本で、計400本の植林をしていきます。

早く終わった先住民の人が、他の人を手伝って、下草刈りをしながら、同時に、ライン作成を行っております。イバン族の人々の作業の連携の良さは、類稀です。

今回の植林指定地で一番奥の場所で、手入れが長くされていない所です。

ラインも全て整い、木を植える近くの草を除去しています。草は生命力が強いので、木を植える周りに残っていると、養分を奪い取られ、木が育ちません。この辺をきめ細かくしておく事が、後々の成長に影響します。

ここまでできれば、木を植えるの最適な環境に整いました。ラインの両端の大きな木々は、そのままに残して、植えた木に直射が当たらず、適度な日射になる様にする為です。日が当たりすぎても駄目、日が当たらなくても駄目、非常に微妙なバランスが必要です。

★苗木

苗木が到着しました。しかし・・・・。

連日の雨で、ぬかるみがひどく、後輪が埋まってしまい、これ以上進む事が出来ません。ここから、植林の場所までは、往復1km弱あるので、何往復もするには時間が掛かるので、もう少し先に進みたい所ですが・・・。

まずは、苗を下ろして、車体を軽くして。

押します。とにかく、人力で押します。

みんなで押して、ぬかるみから抜けることは出来ましたが、それ以上進む事は出来ません。2時間ほど掛かってしまいました。結局・・・。

その場所から地道に運んでいきます。

1名5本前後を背負子で運んでいきますが、1名あたり、1km前後を、15往復前後しないといけません。

ちょっと多めに持っていくと、安定が良くないので、余計時間が掛かります。

丁寧にやるのが一番です。5〜7本、安定が取れるように、しっかりと固定して、行います。

予想以上に時間が掛かってしまった苗木運びが終わり、休憩しながら、植林の段取りを打ち合わせいたします。

★植林

今回は、植林の作業を写真に収めてと、考えておりましたが、連日の雨で、写真どころではありませんでした。専用のスコップで、次から次に穴を掘り、別の先住民族が、流れ作業的に、植え込んでいきます。

3月20日(土曜日)は、先住民族の人にとっては、ほっと一息??。バグースサラワク会の皆様の植林がありましたが、その日だけは晴天でした。そちらの方のレポートをご覧ください。>>>>こちらへ

各樹木の前には、キャンペーンにご参加いただいた皆様の名前を本数ごとに立てております。

また、ボルネオ島の大自然の中に、それぞれの合同の看板を立てました。ご協力頂きました皆様のお名前が入っております。写真をクリックすると拡大します。

「エコプロダクツ2009の森」の看板

「未来のために1本の木を」キャンペーン第2回

 

「エコプロダクツ2009の森」:約1.1ha(450本)

「未来のために1本の木を」第1回キャンペーン:約0.7ha(280本)

近日中に、植林証明書をお送りいたしますので、お待ちください。

**植林活動をサポート頂ける自治体や団体を広く募集しております。どうぞお気兼ねなくお問合せ下さい。こちらへ>>

**「未来のために1本の木を」は、5000円/1口で、10本を代行で植林いたします。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

**当団体では、会員や賛助会員を募集しております。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

 

 

<<<<<戻る

 

特定非営利活動法人(神奈川県指令N協第1047号)

事務所:神奈川県横浜市鶴見区馬場7丁目30番1-205号

現地事務所:Lot 2598, 2nd Floor, Wisma Sandhu, Green Road, 93150 Kuching, Sarawak, East Malaysia (Borneo)

 

 


 
 
    (C) 2007-2008 Borneo Rainforest (Sarawak)