Borneo Rainforest(SARAWAK)
line decor
  HOME  ::  
line decor
   
 

ご報告

サバル森林保護地区

年間50ha植林

2012年度第7回植林(4.2 ha/1,680 本)

「エコプロダクツ2012の森」(1 ha )

「キャンペーン植林」 (1.2 ha )

「あいち生活協同組合協力会」(1ha<2011年度分>+1ha<2012年度分>)

(2013年3月18日〜3月27日)

第7回は、3月の初旬を予定しておりましたが、近隣の先住民族の焼畑の陸稲の収穫が重なり、その収穫が終わり次第、2012年度の最終の植林をする計画でしたが、天候の関係で、収穫が少し遅れました関係で、かなり押し迫った、最終回となりましたが、3月18日以降は、逆に天候に恵まれ、ほとんど雨も降らず、暑い限りでしたが、効率よく作業が行えました。

この最終回では、「エコプロダクツ2012の森」、及び、「キャンペーン植林」を中心に行う予定でしたが、2010年度に行いました「あいち生活協同組合協力会」様より、是非、2011年度、2012年度分の寄付金を頂きましたので、急遽追加で行う事になりました。

また、今回合計4.2ha(1,680本)植える事が出来た事で、2012年度年間50ha植林も、51.60ha (20,640本)の植林が達成できました。これも、日本・マレーシアで、ご協力頂いている皆様のお陰です。この場を借りて、感謝の意を表します。

 

<現地先住民族による植林準備と植林作業>

今回の場所は、雨季後に、下草や羊歯などが覆い茂っておりましたので、先ずは、草刈りです。

次に、植林用のラインの基点を決めていきます。何事も、最初が肝心です。

その基点にそって、5m置きに目印を置いていきます。今回は、数組に分かれてではなく、全員で作業を、段階的に、行っていきました。

ライン沿いの羊歯や下草もはらっていきます。

ある程度木が生い茂っている地域は、軽く下草をはらって、目印に合わせて、植林のポイントを決めていきます。

一息を付いております。早朝より開始し、中休みを何度か儲け、夕方涼しくなるまで、頑張ります。適度な休憩が、効率的な作業をもたらすと思います。

余談)苗畑です。この時期は、別の先住民族が、苗木作成を行いました。昨年末から今年の初めにかけて、植林用の樹木の趣旨が大量に集まりましたので、苗木もかなりストックが出来ました。

さて、植林地の整備が終わりに近づくと、苗木が運ばれてきます。上記は、苗畑センターにて、車両に積み込みます。

 

こちらは、植林地側。車で入れる場所まで、苗木を運び、道の日陰に並べておきます。

 

先ずは、目印の場所に穴を掘って行きます。

 

肥料を穴の底部に入れ、土をまぶし、苗木を入れ込み、隙間に土を入れて、周りを固めます。その後、肥料を撒きます。

植え終わった場所は、この苗木ポットのビニールを、目印に付けて、「植え終わった」事を遠くからでも分かるようにします。

 

植え終わった苗木です。

 

苗木の幹が少し弱いものは、目印の棒で補強します。

 

あいち生活協同組合協力会の2011年度の看板(左側)、及び、2012年度の看板(右側)。

エコプロダクツ2012の会場で、ご参加・ご寄付頂いた方々による、「エコプロダクツ2012の森」の看板です。写真をクリックすると、大きな写真になります。植林証明書の対象者のかたへは、証明書をお送りいたします(6月頃)。

今回、植林の作業をした先住民族の10名。

この植林を持ちまして、2012年度の今年も、無事、50haの植林を完成する事が出来、3年間で150haの植林が達成できました。これも、皆様のご協力の賜物です。NPO理事一同、感謝の敬意を表したいと思います。

2013年度は、植林の規模は縮小しますが、維持活動、及び、コミュニティ・フォレストリー(アグロフォレストリー)を集中的に行いたいと思います。

おかげさまで、2013年度の経団連環境保護基金の助成金も申請が通りましたので、この場をお借りしてご報告させて頂きたいと思います。

2012年度 第7回植林

期間:2013年3月18日〜3月27日(10日間)

植林苗木数: 1,680本

植林地面積: 4.2 ha (合計:51.60 ha ) 

樹種名:Shorea Macrophylla

現場監督: Mr. Jonathan Lat ( サラワク州森林局植林部職員) 

先住民族:10名

Mr. Ekin Empati / Mr. Bagong Bundan / Mr. Juan Jimbai / Mr. Anthony Bundan / Mr. Adrian Minggat /

Mr. Luming Bawin / Mr. Winstin Ijau / Mr. Robert Ngaran / Mr. Judas Julias / Mr Renggan Changu

NPO担当:酒井和枝 鍋嶋誠一朗

<<<<<戻る

**植林活動をサポート頂ける自治体や団体を広く募集しております。どうぞお気兼ねなくお問合せ下さい。こちらへ>>

**「未来のために1本の木を」は、5000円/1口で、10本を代行で植林いたします。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

**当団体では、会員や賛助会員を募集しております。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

 

 

特定非営利活動法人(神奈川県指令N協第1047号)

事務所:神奈川県横浜市鶴見区馬場7丁目30番1-205号

現地事務所:Lot 2598, 2nd Floor, Wisma Sandhu, Green Road, 93150 Kuching, Sarawak, East Malaysia (Borneo)

 

 


 
 
    (C) 2007-2008 Borneo Rainforest (Sarawak)