Borneo Rainforest(SARAWAK)
line decor
  HOME  ::  
line decor
   
 

ご報告

サンパディ森林保護地区

NPO緑の大地の会(大分県)

(2ha/800本)

(2014年8月13日〜8月22日)

今年は、NPO緑の大地の会は、サンパディ森林保護地区にて、延べ10日間で、2ha(800本)の植林をご協力頂きましたが、8月22日のNPO緑の大地の会の方と現地先住民族の共同の植林日は、日本からは、学生4名、一般3名の計7名のご参加者が、訪問されました。

今回は、1泊2日と短い間ですが、セメンゴ野生動物センターにて、希少野生動物の保全活動等を見学され、充実した2日間だったと思われます。また、学生の4名は、夜は1泊とも、現地の家庭にてホームステイを経験されました。

8月22日に先立ちまして、8月13日から、近隣先住民族の15名による、整地作業、植林用ライン作成作業、苗木運搬、そして、1ha分の植林作業を、22日までに終了させて、22日に、緑の大地の会の方々が1名約20本(計400本/1ha)づつ植えることで、合計2haの植林を無事終了する事が出来ました。

 

9日間の準備期間を終え、緑の大地の会の皆様が到着されました。

 

サラワク州森林局植林部のMr. Jonathan Lat氏のご挨拶と、緑の大地の会の理事長の寺尾様よりのご挨拶。

  

早速、近隣先住民族との植林活動です。

暑い中、皆頑張りました。

日本とマレーシアの国旗に挟まれた看板。

 

最後に、皆で記念撮影。ボルネオに「大分県の森」を作ろう。

この後、11月中旬には、ここサンパディ森林保護地区にて、1週間の維持活動を予定しております。特に維持活動が最優先な場所を行います。 

 

2014年度 NPO緑の大地の会

期間:2014年8月13日〜8月22日(10日間)

植林苗木数: 800本

植林地面積: 2 ha  

樹種名:Dryobaranops Beccarii

現場監督: Mr. Jonathan Lat ( サラワク州森林局植林部職員) 

先住民族:15名

Mr. Disincy Nohik / Mr. Jebeng Laob / Mr. Jem Dasing / Mr. Ahapo Lijon / Mr. Liew Apun / Mr. Wan Rosidi Juen /

Mr. Winson Nohik / Ms. Linda Johem / Mr. Andrally Juen / Mr. Elvin Mijam / Mr. Budin Sigon / Mr. Roman Bunseng /

Mr. Main Jawiri / Mr. Inbit Poin / Mr. Manson Inbit

NPO担当:酒井和枝 鍋嶋誠一朗

 

<<<<<戻る

**植林活動をサポート頂ける自治体や団体を広く募集しております。どうぞお気兼ねなくお問合せ下さい。こちらへ>>

**「未来のために1本の木を」は、5000円/1口で、10本を代行で植林いたします。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

**当団体では、会員や賛助会員を募集しております。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

 

 

特定非営利活動法人(神奈川県指令N協第1047号)

事務所:神奈川県横浜市鶴見区馬場7丁目30番1-205号

現地事務所:Lot 2598, 2nd Floor, Wisma Sandhu, Green Road, 93150 Kuching, Sarawak, East Malaysia (Borneo)

 

 

?
 
 
    (C) 2007-2008 Borneo Rainforest (Sarawak)