Borneo Rainforest(SARAWAK)
line decor
  HOME  ::  
line decor
   
 

ご報告

サンパディ森林保護地区

NPO緑の大地の会(大分県)

維持活動

(延べ3.0 ha)

(2017年10月17日〜10月22日)

8月のNPO緑の大地の会の植林から3ヶ月、サンパディ森林保護地区にて、近隣の先住民族5名にて、延べ6日間で、維持活動を行いました。

NPO緑の大地の会の1995年よりの累計26.80haの植林地の内、今回は、2006〜2010年の期間の植林地を中心に、維持活動を行いました。サラワク州森林局植林部のMr. Jonathan Lat氏と先住民族で、この地域の全体を見て回って、維持活動が必用な場所を選び、そこを中心に行いました。 特に、成長期の木々は、まだ、光が地面に入る為、下草刈りが重要です。これをするとしないでは、成長に多大の影響を与えます。

今年は、例年に無く、乾季の降雨量が多く、11月以降の雨季の天候が、例年通りの雨季か、逆に、ひどい乾燥が起こる事も予想されている為、急遽、比較的安定している、10月中に行いました。

現地先住民族による維持活動

下草刈りを一斉に行います。 

 

 

休憩中の一こま

 

植えて、7年目のリュウノウジュ(Dryobalanops beccarii)です。葉付きもよく、今後が期待されます。10年目位から成長を加速します。

 

 

2017年度 NPO緑の大地の会 維持活動

期間:2017年10月17日〜10月22日(6日間)

植替え苗木数: 100本

維持活動面積: 3.0 ha  

樹種名:Shorea Macrophylla 及び Dryobalanops beccarii

現場監督: Mr. Jonathan Lat ( サラワク州森林局植林部職員) 

先住民族:5名

Mr. Jebeng Laob / Ms. Nona Nohik / Ms. Disincy Nohik / Mr. Liew Apun /  Mr. Segin Bon

NPO担当:酒井和枝 鍋嶋誠一朗

<<<<<戻る

**植林活動をサポート頂ける自治体や団体を広く募集しております。どうぞお気兼ねなくお問合せ下さい。こちらへ>>

**「未来のために1本の木を」は、5000円/1口で、10本を代行で植林いたします。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

**当団体では、会員や賛助会員を募集しております。詳しくは、会員募集のページをご覧下さい。

 

 

特定非営利活動法人(神奈川県指令N協第1047号)

事務所:神奈川県横浜市鶴見区馬場7丁目30番1-205号

現地事務所:Lot 2598, 2nd Floor, Wisma Sandhu, Green Road, 93150 Kuching, Sarawak, East Malaysia (Borneo)

 

 


 
 
    (C) 2007-2008 Borneo Rainforest (Sarawak)