ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト

ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト

ボルネオ島サラワク州(マレーシア) 世界で3番目に大きい島ボルネオ島の北西部を占めるサラワク州(東マレーシア)。 総面積124,449.51平方kmのサラワク州の67%が森林に覆われています。 しかし、手付かずの原生林は、そのうち10%弱に過ぎず、希少な野生動物の生息地域が狭まり、 多様な熱帯の遺伝子資源が減少しつつあるのが現状です。

サラワク州政府は、年々伐採量を減らしたり、国立公園や保護地に制定する事で、 熱帯雨林の減少に歯止めを掛けようとしています。 又、森林再生の為の植林活動を推進させています。

私どもは、森林伐採跡地や違法な開拓や過度の開発などが原因で荒れた土地に、 サラワク州森林局の指導のもと、近隣の先住民族とともに、ボルネオ島熱帯雨林在来有用樹種の環境植林を行い、 森林の保全、熱帯雨林の再生、先住民族の自発的なコミュニティ・フォレストリー化を図る事で、持続可能な自然環境保全への寄与を目的としています。

コーヒー生産者組合を村に

2019~2021年より3年計画(経団連自然保護基金支援プロジェクト)の持続可能な森林農業のモデル地区の構築としてコーヒー栽培をサバル村に導入 …

詳細を確認する

ドローンの有効利用

2016~18年の3年間(経団連自然保護基金支援プロジェクト)で、ドローンの有効利用として、精密航空地図作成と、3地区の村と小学校の映像 …

詳細を確認する

会員募集・キャンペーン

 先住民の、先住民による、先住民のための活動を継続中。常時、会員募集、及び、キャンペーン開催中です。ご支援をお待ち致しております。 …

詳細を確認する

資料ダウンロード

 企業のCSR活動や教育旅行の一環としての植林。詳細をPDFでご用意いたしております。こちらよりダウンロードできます …

詳細を確認する

最新の活動のご報告  NEWS

 

**2022年4月1日に、2022~24年度の経団連自然保護基金の助成金が認可されました。おかげさまで、足掛け13年目、5種類目のプロジェクトとなりました。UNIMAS大学との共同の「コミュニティ・フォレストのエコーツーリズム開発」です。4~6月まで、打合せ、下見や、カメラトラップの講習などを行いました。詳しくは、こちらまで>>>

 

**2022年3月15日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、焙煎したコーヒー豆を村人に進呈してきました。 こちらまで>>>

 

**2022年2月28日~3月12日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、SABAL村のコーヒー農園のコーヒーの木の花が咲きました(3月6日開花第一弾) こちらまで>>>

 

**2022年2月17日~24日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、乾燥終了後、生豆精製完成し、自家焙煎、試飲会をサバル村で行ってきました。また、生豆を、クチンの焙煎所で焙煎してもらいました。 こちらまで>>>

 

**2022年2月4日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、農業省のコーヒー推進拠点のTARAT農業試験場にて、サバル村の代表者と研修しました。こちらまで>>>

 

**2022年2月3日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、コーヒーの畑の現状や、生豆乾燥状態を視察してきました。2013-15のアグロフォレストリ―の地区の見てきました。 こちらまで>>>

 

**2022年1月に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、コーヒーチェリーから生豆精製を開始しました。 こちらまで>>>

 

**2022年1月に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、サラワク州の村落コーヒー栽培拠点のLong Lellang村への研修視察を行いました。コーヒー栽培や精製をSABAL村の代表者に研修をしてもらいました。 こちらまで>>>

 

**2021年9月に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、コーヒーの生豆の生産に必要な設備を、村人と共に設置しました。 こちらまで>>>

 

**2021年320日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、4か所の村でのコーヒー栽培と換金作物としてのコーヒーに関す講習会を、サバル村で行いました。こちらまで>>>

 

**2021年3月15日~24日の期間に、サバル森林保護地区にて、生協連合会アイチョイス協力会のご支援で植林を行いましたこちらまで>>>

 

**2021年314、コーヒー生産者組合構築プロジェクトの農園の状況確認と苗畑センターの状況確認をサバルで行いましたこちらまで>>>

 

**20213月5日から、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの新規3家族の農園の植え込み作業を行いました。こちらまで>>>

 

**2021年1月16日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、UNIMAS大学のDr. Mohd Effendi Bin Wasli講師にサバル村まで来て頂き、土壌の状況や維持管理の方法などのご指導を頂きました。こちらまで>>>

 

**2020年12月15日から、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの農園の維持活動を行いました。こちらまで>>>

 

**2020年10月30日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの苗木の生育状況を確認に行きました。6月播種分と8月播種分の現状をご報告いたします。こちらまで>>>

 

**2020年10月12日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの苗木の生育状況を確認に行きました。6月播種分と8月播種分の現状をご報告いたします。こちらまで>>>

 

**2020年9月に数回に分けて、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの苗木の生育状況を確認に行きました。6月播種分と8月播種分の現状をご報告いたします。こちらまで>>>

 

**2020年8月3日~9日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの苗木作成第2段。ポット作成~チェリー入手/選別~果肉除去作業~播種作業を行いました。合計で、4400本のコーヒー苗木のポット苗が播種されました。 こちらまで>>>

 

**2020年7月15日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトの苗木を植林植えました(2019年度の2家族分)。新型コロナの影響で大幅に遅れましたが、皆様のおかげで、2019年度の全作業を何とか終了出来ました。ありがとうございました。6月22日に作成したコーヒーの播種の1か月後の状況もお知らせしています。こちらまで>>>

 

**2020年6月22日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの外皮除去作業とコーヒーの播種作業を行いました。こちらまで>>>

 

**2020年6月15日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーチェリーの収穫と外皮除去作業を行いました。こちらまで>>>

 

**2020年3月13日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトで、サバルクルイン村の村人のサラワク州州都クチンのコーヒー焙煎工房の見学をしました。こちらまで>>>

 

**2020年2月6日に、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの苗木の全てをサバルに移動しました。こちらまで>>>

 

**2020年1月8日から、コーヒー生産者組合構築プロジェクトのコーヒーの苗木を植林植えました。コーヒー農園への第1歩を踏み出せました。こちらまで>>>

 

 

 

 

 

 

 

ボルネオ熱帯雨林再生プロジェクト